2019年4月22日月曜日

夏小紋


 20、21日と週末は気温が高くなり、日中は26℃でしたね!
市内はすっかり桜も散ってしまいましたが、
京都市内だけでなく、中部、北部も天橋立、伊根、京丹波、福知山と見どころがあり、
北部の桜はちょうどこれから見頃なのではないかと思います。

 さて…着物もそろそろ衣替えの季節ですね、夏物のご準備はいかがでしょうか?
田畑喜八作(おそらく五代田畑喜八さん作) 夏小紋
先染めの薄茶の糸が格子に織り込まれた薄手の生地です。
模様と模様の間は30㎝から40㎝と空いており、
帯も合わせやすいグレー地です!

羅、絽綴れの帯を合わせて写真を撮ってみましたが、名古屋帯に限らず、袋帯を合わせるもの良いですね!
お値段も夏物ですので、お安くしております。
ぜひ、お問い合わせください!

NO,839 田畑喜八作 夏小紋 162,000円(反物のみ、仕立て代含まず)

2019年4月10日水曜日

千總 友禅訪問着

「三景めぐり」 という題名のついた、「千總」製 訪問着
波の躍動感とボリューム、写真で伝わるでしょうか…
胸、衿、袖は淡い象牙色、裾は淡い青磁色のぼかしです。
帯上に「厳島神社」 帯の中に「天橋立」 裾に「松島」、
残念ながらご着用されますと、天橋立、は隠れてしまいます。
「三景めぐり」…日本の三景とともに友禅の素晴らしさも伝わるお着物、
海外でお召しになっていただくもの良いと思います!!!
NO,1653 千總製 訪問着 お仕立上がり 状態もよいです。
お値段は 518,400円(税込み) 
※着物のみ、帯は別途のお値段となります。


松島の岩に砕ける波

八掛けも波模様が…

背中の帯上には厳島神社

着用時、帯の中に隠れますが天橋立

北村武資さんの帯を合わせて

川島織物さんの帯を合わせて

2019年4月6日土曜日

東京染繍大彦製色留袖の帯合わせ…

龍村光峯 袋帯

龍村平蔵 袋帯

鳥や鹿がいます

川島織物 袋帯










大彦さんの色留袖
大彦さんらしさはありながら模様は小柄で、
鹿、鳥、草花が描かれ、
ベージュピンクの地色ということもあり優しい印象の色留袖です。
帯合わせ次第でお母さまとお嬢様の共用も可能ではないでしょうか?
龍村光峯製袋帯を合わせますと着物帯ともに個性が際立ちます、
 川島織物袋帯で優しい印象に、
 龍村平蔵製袋帯はさすが、重厚感がでますね。
NO,2180 大彦製 色留袖 比翼はついておらず、抜き紋が背に一つ、丸に三つ柏
着物の全体、大きい画像、サイズはNO,2180のぺージをご覧ください。
お値段は表示しておりませんので、お手数ですがお問い合わせお願いいたします。
お問い合わせフォームからはもちろん、
メール info@tokusenkimono.com、お電話0120-109-529からも
お問い合わせ可能です。



2019年4月3日水曜日

川島織物の袋帯

 
留袖に合わせてみましたが、田畑喜八さんのような個性は留袖にも、加賀友禅にもよく合います。
派手な金ではなく抑えたお色ですので、色無地に合わせるのも良いですね。
川島織物製 本極錦 本金袋帯
大変軽く、しなやかです。お仕立済みで着用されたあとも見当たらず、
1本良い帯を持っておきたいというお客様に、ぜひ、おすすめです。
お値段の問い合わせ・ご購入は,
商品 NO,1830 お問い合わせフォーム、
またはメールアドレス info@tokusenkimono.com、
もしくはお電話 0120-109-529  まで、

ぜひ、お待ちしております!!!

2019年3月22日金曜日

可愛い色合いの琉球紅型

普段は地味、渋めの色合いが好みでも、紅型は華やかなものが良いなと思いますね。
特選きものコレクションの中でも、一番はこの反物!


NO,1270 紅型小紋 城間栄順

2019年2月21日木曜日

個性的な留袖

初代由水十久 
上質で個性的な留袖をお探しのお客様に、
よくお問い合わせいただきます。
レンタルではお好みのものが、
なかなか見つからなかったり、
良いお日柄の場合は、
レンタルが重なり、選択肢が少ない…
もともとレンタルするつもりでしたので、
中古で紋は入っていても良いというお客様が多いです。

 初代由水十作 加賀友禅留袖 NO,90は、
童児華文です、
童児の着物まで、細密!!
じっくり観てしまいます。
こちらはお仕立上がり品ですので、
紋も五山桐が入っております。








坂井 修
 坂井修さんの留袖 NO,1338
蒔糊が聞いていますね!
未仕立ての仮絵羽ですので、
ご自身のサイズ、紋にできますよ。



大羊居
 大羊居さんの手鏡模様 NO,1947
こちらは仕立て上がり品で、
紋は丸に紐付結綿の少し変形の紋です。
身丈、裄ともにしっかりあり、
状態も良く、おすすめです!



2019年2月6日水曜日

本場結城紬の生地を絞った贅沢な着物

先日は大島紬地の本疋田の反物をご紹介しましたが、
本日は別の絞りの着物をご紹介いたします。
本場結城紬の白生地を、杢目絞りと縫い絞りを併用し、横段に表現してあります。
綸子生地、大島紬の生地よりも、結城紬に絞りますと柔らかい印象ですね!
こちらの着物はサイズが小さかったため、弊社でプレタサイズへ仕立て替えしておりますので状態も良いですよ、

まだまだ寒いこの時期、暖かく軽い結城紬をぜひお召しになってください!